なんでもいいから褒められたい

林が書きたいときに書くブログ 

田舎生まれ田舎育ちだけど田舎に馴染めなかったので上京した話

林です。唐突ですが林は生まれも育ちも中国地方のど田舎、大学入学を機に東京に引っ越してきました。地元はマジで田舎です。実家は瓦屋根で庭と畑があり、辺りは田・畑・森・林などとにかく緑、飽きるほど緑。電車は数時間に一本、どこに行くにもチャリ、クソダサい制服にジャージ、デートスポットはみんなジャスコ。ジャスコ行ったら絶対誰かに出会う。そういう、大都会東京とは真逆のような地で18年暮らしてきました。

 

f:id:hayayashi:20170908172243p:plain

とにかく早く上京したかった

 

小学生の頃から「18になったら都会の大学に行く」って言ってました。とにかく早く田舎から出たかった。厳しい家庭だったので自由になりたかったとか学校があまり楽しくなかったとか、理由はいろいろありますが、一言で言うなら、林は田舎に馴染めなかったんだと思います。

 

田舎にもいいとこはたくさんある

 

小学生・中学校・高校、ほとんどの同級生が地元に残って暮らしています。地元で就職して働いていたり、結婚して子育てをしていたり。東京に行った子は2人しか知らない。

聞くと、みんな地元の環境や家族・友達が好きで関わっていたい思いがあるっぽい。どうやら。林にはまともに話せる友達がほぼいなくて「みんな」の数があまりに少なすぎるけど。確かに、山や海があるとこや空気や水がおいしいとこはとてもいいことだと思うし、親がいて、持ち家も車(車庫付き)もあるし物が安いので田舎住みやすいのは確か。

 

f:id:hayayashi:20170908172446p:plain

でも田舎、不便すぎない?

 

そういう良さより個人的には圧倒的に不便さが大きかったです。交通の便が悪すぎる、行きたいイベントにもライブにも行けない、遊ぶところがない、テレビや雑誌に出てくるお店や場所に行きたいのに行けない。田舎クソすぎるでしょ。毎日めっちゃつまんなかったです。何もなくてつまならないことを当たり前とかしょうがないとか思えなかったですね。都会のJKがすごい悔しくて羨ましかったです。林もアフター6制服ディズニーキメたかった。

 

田舎のコミュニティ狭すぎ問題

 

田舎って独特の雰囲気やルールがあると思うんです。うまく言えないんですが、田舎出身の人にはわかると勝手に思ってます。例えば「○○さんはあそこの地区の人だから〜」みたいな、地域の区別というか差別のようなものだったり。そもそも個人情報が筒抜け。田舎はプライバシーとは無関係の地。「○○さんちの××くんはあそこの高校で〜」みたいに、林がどこの大学受かってどこで暮らすか知らないおばさんに知られていて、道端で褒められたんですけど、正直かなり気持ち悪さを感じたし今はいつの時代だ?って思った。

あとコミュニティ狭すぎる。めっちゃ狭い。だいたい彼氏は友達の元彼。もう恋人をシェアしてる状態だと思う。みんな知り合いの知り合い。だいたいどこかで繋がってる。そして地元サイコー!ダチサイコー!ってすぐ言う。みんなファミリー!とか言う。SNSでも言う。未だにギャル文字使う。今はいつの時代だ?林(コミュ障隠キャオタク)はそういう田舎のノリと閉塞感がものっすごくストレスでとにかく抜け出したかったです。プリンの金髪にスウェットにキティちゃんサンダルや未成年喫煙・飲酒がイケてると思ってるのもダサすぎて無理だった。

 

f:id:hayayashi:20170908173201p:plain

 

東京楽しい!時々はさみしい

 

そんな感じで田舎生まれ田舎育ちだけれど田舎に馴染めなかったのでそこそこ勉強して大学に行き、今は晴れて東京で一人暮らしを満喫してます。行きたいところにすぐに行けるの、楽しい。5分待てば次の電車が来る。おもしろいお店がいっぱいある。今はアパートに住んでいて、隣人がどんな人か知らないっていう地元にいた頃からすれば考えられない状況ですが、とっても気が楽なのでそれでいいと思ってます。

時々よくわからないさみしさやつらさを感じるときはあるけれど、今のところはこのまま地元を離れて生きていけたらいいな。とか言って地元で就職したらウケる。終わり。